漬物ができるまで

  • HOME
  • > 漬物ができるまで

漬物ができるまで

水溜食品のこだわり

水溜食品のこだわり
種まき

9月頃種まきを行います。台風が上陸したりすると、まき直しで収穫が遅れる年もあります。

収穫
収穫

九州産100%にこだわっています。食の安心と安全のため、美味しさの追求のために、契約農家に栽培を依頼し、南国の気候と土壌から生まれた大根の風味をあますことなく生かしています。


干し作業
干し作業

収穫した大根は、二本一組にし、大きな洗濯物干しのような竹でくんだやぐらに、ひとつひとつ手作業によって干されていきます。冬になると写真(左下)のように並べられた白い大根のカーテンが見られます。広大な自然の中に真っ白な大根が干されている風景は、まさに冬の風物詩と呼ぶにふさわしい光景です。約10日間干された大根をサイズ別に仕分け、出荷します。

ほどよく仕上がった干し大根は、まさに天からの贈り物といえるでしょう。当社では、この貴重な干大根を使ってバラエティーにとんだお漬物を大切に大切に作っています。


漬け込み
漬け込み

いそ塩で漬け込み、マイナス1℃の温度(チルド)に保った大型冷蔵庫で低温発酵させます。1年中、旬の味・色をお届けできるのはこのためです。


選別・味付け・熟成・加工
加工

おいしい漬物、また安心で安全な漬物を作るために、伝統の製法を守りながら、現代の味覚や健康志向に合わせた漬物づくりを、衛生的な管理の元に行っています。


出き上がり

低温発酵した大根は、各種類の味付けをされて出来上がります。真空殺菌された漬物は、毎日出荷しております。

その他、たかな漬けなどの商品もひとつひとつ手作りしています。

 

出来上がり

 

「たくさんの方に喜んで食べて頂きたい」それが私達の願いです。

管理体制

原料(畑)の管理

原料(畑)の管理

1. 干し大根・高菜の植えつけが始まると契約農家様へ足を運び、畑や生育状態に異常がないかを様々な視点で確認を行います


原料(畑)の管理2

2. 契約した全ての生産者ごとに栽培の管理表を記録して頂き管理しています。どの時期にどのような肥料を使用したか詳細な記録を保管しております。


3. 契約農家とのコミュニケーションを大切にしており、出荷が終わると今シーズンの内容・来シーズンの課題等含め話し合います。

工場への入室準備、工場 (製造、検査、出荷)

工場への入室準備、工場 (製造、検査、出荷)1

1. 更衣室で白衣に着替えます。鏡で身なりを整え、髪の毛が出てないか等を確認し入室管理表に記入。粘着ローラーでほこりをしっかり取り除きます。


製造、検査、出荷2

2. 時間をかけ、しっかりと手洗いを行います。ブラシを使用し、爪の間まで綺麗にあらいます


製造、検査、出荷3

3. 長靴の洗浄まで行った後、最後にエアシャワ-を通り隅々までホコリ等を落として工場に入場します。


製造、検査、出荷4

4. 生産者・サイズ・品質ごとに分け冷蔵熟成した干し大根を大型冷蔵庫から取りだし、工場に入庫します。


製造、検査、出荷5

5. 使用する干し大根の原料状態を確認しながら定寸サイズに裁断を行います。


製造、検査、出荷6

6. 原料のキズや傷みがないかを目視確認・整形を行い、原料の洗浄を行います。


製造、検査、出荷7

7. 原料洗浄後の原料の塩分等を測定し、自社にて調味液の調合・製造を行い、素材そのものの味を活かす調味液を製造しております。


製造、検査、出荷8

8. 原料を調味漬し、冷蔵庫にて2~3日大型冷蔵庫にて熟成させます。


製造、検査、出荷9

9. 調味漬した原料を製造のラインにのせ、機械にてすばやく袋詰めをおこなっていきます。


製造、検査、出荷10

10. 袋詰め後は温度管理を徹底した加熱殺菌・冷却後に袋の乾燥をおこないます。


製造、検査、出荷11

11. 異物混入の製品を流通防止するためにX線探知機を通して異物の除去を行います。


製造、検査、出荷12

12. さらに箱詰前に目視の検品にてX線探知機でチェックできなかった髪の毛等の混入がないかを確認します。


製造、検査、出荷13

13. 最後に箱詰の責任者が確認を行った後、検印を行います。